敷金部分についての民法改正

民法大改正A 敷金について

【民法大改正A】敷金について
今回の民法改正における、敷金部分の解説をしたいと思います。

 

みなさんは「敷金とは何か?」を正確に答えられるでしょうか?

 

 

 

...建物を賃借する時に、賃貸人に渡すお金ですよね。

 

 

 

正確に答えられない方が正解だと思います。
なぜなら、契約(賃貸借契約も当然含む)の根本規則を定めた民法の中に、「敷金」を正面から規定した条文はありません。
ある条文の中に「敷金」の文言は出てきますが、それがどのような性格の金銭なのかは民法を見ても分かりません。
そもそも返ってくるの?返ってくるならいくら?いつ?など不明です。

 

 

民法には、契約自由の原則が根底にあり、どのような契約を結ぶかは、原則当事者間の自由です。
「敷金」についても地域の慣習によって取り扱いが違う部分もあると思います。

 

 

法律に明確に規定されていないがために、世の中には敷金の返還をめぐるトラブルはごまんとあります。
たくさん裁判になっており、判例がたくさん出ています。
私も敷金返還請求の内容証明郵便の作成を受任したことがあります。

 

この状況を見かねた国土交通省が、判例などを基にして「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を作成しました。
近時の実務はこのガイドラインに沿って行われているようですが、ガイドラインはあくまで指針であり、法的拘束力はありません。

 

 

ですので、今回の民法改正において、これまで曖昧だった「敷金」とその返還範囲を明文化しました。

 

 

敷金とは
『いかなる名目によるかを問わず、賃料債務その他の賃貸借に基づいて生ずる賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする債務を担保する目的で、賃借人が賃貸人に交付する金銭をいう。』
つまり、例えば未払いの借賃や原状回復にかかる費用を担保するために、借主が貸主に預ける金銭のことです。

 

 

そして、預けた敷金は、未払い借賃や原状回復費などがあれば、それらをを差し引いて返金しなければならないと明文化されました。
返金の時期は、賃貸借が終了し、建物を返還した後です。

 

 

ここで問題となるのが、原状回復費がいくらになり、どちらが負担するのかです。この部分が争いの中心でした。
悪質な賃貸人は、クロスを全面張り替えるからとか、キッチンを入れ替えるからとか色々理由をつけてできるだけ敷金から差し引きます。
ともすれば敷金では足りないので、それ以上の金銭を要求する強者もいます。

 

 

この争いを回避するため、借主が負担する部分が明文化されました。
通常の使用及び収益によって生じた賃借物の損耗並びに賃借物の経年変化を除く、損傷部分です。

 

 

つまり、通常の使用及び収益によって生じた賃借物の損耗並びに賃借物の経年変化は、賃貸人の負担です。
これらは、月々支払う賃料の中に含まれるとの考え方です。

 

 

例えば、日照などの自然現象によるクロスの変色は貸主負担です。
対して、油料理により油がはねて掃除を怠ったことによるクロスの変色は借主負担です(敷金から差し引かれます)。

 

画鋲の穴程度の修復は貸主負担です。対して、重量物を掛けるために壁に釘穴をあければ、その修復は借主負担です。

 

 

このように、争いの中心だった部分が今回の民法改正で明文化されましたので、トラブルはかなり減ると期待されます。

関連ページ

保護対象施設の調査は骨が折れます
保護対象施設の調査の記録です。
分割(合併)は慎重に!
パチンコホールの分割・合併についてのブログ記事
島に全台ベニヤで、島撤去!?
見通しを妨げる設備についてのブログ記事
マル優は本当にお得なの?
マル優取得のメリット・デメリットについてのブログ記事
御上(おかみ)には逆らえませんね
風適法運用についてのブログ記事
賞品は充分取り揃えて下さいね
賞品の取り揃えは重要事項です
これからは人手不足が経営リスク
今後労働人口の減少により、人手不足が深刻になります。パチンコホールにとっても経営リスクになります。
今更ですがパチンコ店は4号営業です
平成28年に風適法が改正され、パチンコ店は7号営業から4号営業に変わりました。
不便なホールがあります
営業マン時代に気付いた不便なホールの話
相続登記は面倒になる前に!
相続登記はいつまでが期限なのかについてのブログ記事
相続放棄は厳密です
相続放棄には期間などの要件があり、家庭裁判所への申述が必要です。
パチンコ店長が関与したとされるサクラ問題を考える
ある関西地元パチンコ店の店長がサクラを持ち掛けたとされる問題を説明
相続はよく''争族''などと言われています
相続において親族間での争いが増えております。
それは無承認変更です。
使用していない賞品(景品)カウンターを閉鎖している場合は、無承認変更にあたるかもしれません。
保護対象施設の調査は骨が折れますA
開店予定地の近隣に保護対象施設があると、風俗営業の許可は下りません。実体験を元にした解説です。
共有名義の不動産について
例えば、夫婦などで共有名義の不動産については注意が必要です。
研修の講師してきました(曽根崎遊技業組合様にて)
当事務所ではセミナーや研修の講師をお受けしておりますが、今回は曾根崎遊技業組合様にてコンプライアンス研修を実施しました。
NPO法人と一般社団法人の比較
公益を目的とする場合にNPO法人と一般社団法人の設立が考えられます。両者の比較をしてみました。
NPO法人と株式会社との比較
NPO法人などの非営利法人と株式会社などの営利法人は何が違うのかの説明です。
民法大改正@ (連帯)保証
身近な民法が大改正されます。普段の生活に関係のありそうな部分を解説します。
民法大改正B 約款
民法改正により定型約款に関する条文が新たに追加されました。
サクラ店長のその後と危機管理
あるチェーン店における、店長によるサクラ問題を基にして危機管理を考察します。
民法大改正C 時効
民法の改正により、時効制度は大きく変わりました。
民法大改正D 番外編/消費者契約法改正
民法改正とともに消費者契約法が一部改正されて、消費者保護が図られています。
『ガチャガチャ』をパチンコ店に設置しても問題ないのか?
ガチャガチャをパチンコ店に設置することが法的に問題ないのかを検証しました。
保全対象施設との距離規制〜学校の目の前にパチンコ店ありましたよね〜
風俗営業の許可条件のひとつである、場所的条件の解説です。
『死後離婚』って何ですか?
最近世間で話題になっている『死後離婚』についての説明です。
親(身内)が認知症になった時の法的問題〜任意後見契約〜
親などの身内が認知症になった時に、法的にどのような問題が生じるのか解説します。
相続登記が義務化の方向へ
現在任意である相続登記を義務化する方向で検討が進められるようです。
配偶者居住権創設へ
相続に関する民法改正案が2018年通常国会に提出される模様です。
中小企業の労務問題〜とあるパチンコホールにて〜
とあるパチンコホールを実例にして中小企業の労務問題を考えます。
民泊の種類別比較
合法民泊の中心である住宅宿泊事業法による民泊、特区民泊、旅館業法による民泊を比較してみました。

トップ 業務内容 行政書士紹介 事務所概要 Q&A ブログ お問い合わせ